成田市でたくさんの人に選ばれている葬儀場と葬儀社を徹底調査

財産や相続をまとめる

財産や相続を法的に行ないたい人は、遺言書を作成しておくことで遺産相続のトラブルなどを回避できます。しかし、良かれと思って書き遺した遺言書でも、民法に定められた方式で作成したものでないと無効となってしまうので要注意。自分の意思を残された家族にきちんと伝えるためにも、正しい遺言書の書き方をマスターしておきましょう。成田市で専門家による相談が受けられる場所も紹介しています。

遺言書の種類と書き方

遺言書には、主に3つの種類があります。

自筆証書遺言

自分で紙に書き記す遺言証書で費用はかかりません。ただし、パソコンで作成したものや誰かに代筆してもらったものは無効となります。

公正証書遺言

公証人の立会いのもの作成するので、不備などが起こることはありません。ただし、証人となる人が2人必要となり、公証役場で作成するため手数料がかかります。

公正証書の費用

公正証書の費用は、遺言書に書く財産の合計額によって算出されます。100万円までの場合は5,000円となっており、財産を譲り受ける人ごとに料金が発生します。また、上記の費用に加えて遺言書の内容を他人に知られたくない場合は、専門家に依頼しなければならず、別途費用が発生します。

秘密証書遺言

開封する際には家庭裁判所にて行なう必要がありますが、遺言内容を公証人に知られずに作成することができます。遺言書を作成したという記録を公証役場で保管してもらいます。

成田で遺言書の書き方を教えてもらえるセミナー情報

相続の問題で1人であれこれ悩んでいるのであれば、行政書士や司法書士、税理士などの専門家に1度相談してみましょう。とはいえそうした専門家への相談にかかる費用が心配な方も多いかもしれません。そこでおすすめなのが、無料の終活セミナー。終活に際して必要な、ありとあらゆる手続きに精通するプロ「終活カウンセラー」にアドバイスをもらえます。法律関係の知識も豊富なので、不安なことがあれば気軽に相談できますよ。