成田市でたくさんの人に選ばれている葬儀場と葬儀社を徹底調査

エンディングノートをまとめる

エンディングノートとは人生の終末期や死後に、家族の負担をなるべく少なくするために「伝えておくべきこと」をまとめたノートのこと。遺言書と違って決まった書式や形式がないので、自由に自分の思いを書き留めておくことができます。最近ではメディアなどでも数多く取り上げられ、エンディングノートの必要性が広く知られるようになりました。今は書店やネットで簡単に入手することができるようになっており、100種類以上ものエンディングノートがあると言われています。

しかし、エンディングノートの存在は知っているものの書き方がわからない、という方も多いのではないでしょうか?そこでここでは、エンディングノートの正しい書き方や成田での終活セミナー情報について解説しています。

エンディングノートの書き方とは

1度に全て埋めようとはせずに、目次を眺めながらリラックスした状態で、興味のあるところから始めていくことが挫折しないためのポイント。書いている途中で考えがまとまらなくなることもあるので、自分のペースでゆっくり時間をかけて考えを整理していきましょう。

エンディングノートの注意点

エンディングノートには、いくつか気を付けなければならないことがあるため、注意すべきポイントを見ていきましょう。

その1.法的な拘束力がない

エンディングノートは遺言書と異なり、書き遺した内容に公的な拘束力はありません。書いている内容は、全て個人の希望や意思表示としての役割しかなく、相続などのお金に関することはきちんと遺言書を作成することをおすすめします。

その2.書いたことを伝えておく

せっかく書いたエンディングノートも、存在があることを知らせておかなければ、自分の遺志を伝えることができません。作成した時は、身近な人に伝えておくようにしましょう。

その3.定期的に内容をチェック

エンディングノートは書き変えることも自由自在。時間が経過すると共に周りの環境も変わるため、誕生日などを目安に内容を見直すようにしましょう。

成田でおすすめの終活セミナー情報

いまや書店やネットでたくさん売られているエンディングノートですが、もしものときに伝えたいことは、人によってさまざま。市販のものでもある程度必要な項目はカバーできますが、自分ひとりで判断するのも実は非常に難しいんです。最近では終活カウンセラーと呼ばれる、終活の準備に役立つアドバイスを送ってくれる専門家もいます。成田市でも終活カウンセラーが無料で出張セミナーを開いてくれる機会が豊富にあります。セミナーではエンディングノートの書き方だけでなく、葬儀内容やお墓など、なかなか一人では判断しづらい問題についても深く学ぶことができるのでおすすめです。