成田市でたくさんの人に選ばれている葬儀場と葬儀社を徹底調査

葬儀の規模を考える

成田で葬儀を検討されている方のために、種類・規模別の費用相場をまとめました。葬儀は規模によってもちろん金額が変わります。故人やご遺族のご意向にかなう規模の葬儀をあげるために、ぜひ参考にしてみてください。また成田市の給付金制度についてもまとめていますので、賢く利用してみてはいかがでしょうか?

<種類別>成田市の葬儀費用相場

千葉県での葬儀費用の平均は、約1,255,000円。成田市における葬儀タイプ別の相場について、このサイトで紹介している葬儀社が提供するプランで算出してみたところ、以下のように。

直葬(火葬式) 家族葬 一般葬
約132,400円 約442,600円 約513,300円
通夜・告別式は行なわず、火葬場に遺族や親しい人だけが集まり、10分程度の短いお別れをした後に火葬を行なう。 親族や近しい友人だけで執り行われる規模の小さなお葬式。遺族がゆっくりと故人と過ごせる専門の斎場などもあります。 通夜・告別式の2日間に渡って執り行なわれる最もスタンダードな葬儀。故人と生前に親交のあった人が参列。

近年、従来の葬儀様式に加えて自分らしさを演出する葬儀も増えてきており、最後の見送り方について色々な考え方が取り入れられるようになってきました。成田市でも故人の意向や遺族の希望で、さまざまな種類の葬儀が行なわれているようです。

成田市の葬祭費給付金制度

賢く葬儀を行うのであれば、細かい条件はありますが、葬祭費給付金制度を利用するのもひとつの手段。成田市在住で、国民健康保険もしくは後期高齢者保険に加入していた人が亡くなられた際には、葬祭費埋葬料などの補助を受けることができます。支給額は一律50,000円となっており、申請時に必要書類を市役所の保険年金課に提出すると、葬儀を行なった喪主に支給されます。

費用を抑えつつ、立派な葬儀をあげるためには

大切な人との最後のお別れとなるお葬式。できる限りのことをしてあげたい。そう思う方は多いのではないでしょうか?

遺族だけでなく、参列した方々からも立派なお葬式だったと感じてもらうためには、葬儀場・葬儀社選びが肝心です。

そこで次のページでは、費用を安く抑えつつ、立派なお葬式をあげるために必要となる「信頼できる葬儀場・葬儀社の選び方」を解説していきます。

そのほかの葬儀の種類

葬儀というと、会館などで行うことをイメージするのが一般的です。ですが、時代とともに葬儀の場所や内容などにも選択肢が増え、現在ではさまざまな葬儀が行われています。それでは、現在行われることが多い代表的なものをピックアップしながら、最新の葬儀事情を確かめていきましょう。

一般的な葬儀は、通夜と告別式の2日間に渡って行われます。ただ、土日などなら可能なことも多いですが、どうしてもどちらか1日だけしか会社を休めない人も多くいます。そこで、行われるようになったのが一日葬という方式です。一日葬では、通夜を行わずに告別式と火葬を1日で執り行う形式の葬儀です。基本的には告別式だけを行うことになりますので、初七日法要なども合わせて行われるのが一般的です。加えて、1日しか葬儀を行わないため、費用を抑えるために一日葬を行うことも増えています。

葬儀場や会館から場所を変えた葬儀としては、自宅葬などが挙げられます。現代風というよりも古くからある葬儀の方式ですが、家族葬などが主流の現代では再び選択肢の一つとなるでしょう。ただし、マンションなどでは遺体の搬送などが難しいため、一軒家で行うことが主流かもしれません。さらに、増えているのが老人ホームでの葬儀です。病院などと提携している場合に行われることが多く、本格的な葬儀ではありませんが、職員や一緒に生活していた他の入居者との最後の別れの場として設けられているのです。

さらに、通常の葬儀では遺族が主導として葬儀を行いますが、家族が行う葬儀として社葬があります。これは、故人が生前に勤めていた会社が主導になり行う葬儀で、家族の他にも社員や取引先などの関係者が参列します。場所も一般的な会館ではなく、大型ホールなどで行われ、大規模で行われることが多くなります。もちろん、社葬の場合は会社の創立者であったり重役だったりと偉大な功績がある場合に限られますので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

また、より特殊な葬儀として自然葬という方法があります。自然葬は火葬後の遺骨をお墓などに埋葬するのではなく、海や山などに散骨する葬儀方法を指しています。山に散骨したり、記念樹の元に埋葬したりする場合は樹木葬、海に散骨する場合は海洋葬などと呼ばれています。散骨=全ての遺骨を埋葬するというイメージがありますが、一部の遺灰を手元に残し、別途お墓などに供養用することも可能です。ただし、散骨する場合は各自治体に許可を得なければならず、勝手に散骨を行うと法律違反となる場合もありますので注意しましょう。

自然葬がさらに発展した形式として宇宙葬という方法が注目されています。宇宙葬はその名の通り、遺骨を宇宙に埋葬することを指しています。火葬後の遺灰をカプセルに入れ、そのカプセルをロケットで宇宙へ打ち上げるのです。宇宙へ打ち上げられると、一定の期間地球周辺を周回した後、大気圏に突入するためカプセルは燃え尽きてしまいます。

ですので、いつまでも宇宙空間を漂うのではなく、どこかのタイミングで燃えてなくなってしまいます。宇宙葬は基本的にアメリカで行われていますが、日本にも提携している会社があります。数は少ないのですが、日本でも宇宙葬の手続きが行えますので、興味があったら資料を取り寄せてみましょう。

この他にも、お経の代わりに音楽を演奏する音楽葬や、亡くなる前に行う生前葬など変わった葬儀方法も増えています。葬儀は故人へ感謝を伝える大切な儀式であるのと同時に、最後の自己表現の場所でもあります。葬儀の種類についてしっかりと調べておき、自分が行われたい方式の葬儀を調べておきましょう。そして、遺族の方々は生前の故人の意思や趣味などに合わせた葬儀方法を考え、その人らしい葬儀を行いましょう。