成田市でたくさんの人に選ばれている葬儀場と葬儀社を徹底調査

満足のゆく料理や費用の葬儀社を選ぶコツ

葬儀を行う際に忘れがちなポイントが食事です。しかし、祭壇などで費用がかさんでしまうことや、どのような料理を振る舞えば良いのか分かりづらいことから、意外に頭をやませてしまうポイントでもあります。そこで、葬儀のときに振る舞い食事の種類や、さまざまなケースに合わせた料理の選び方を解説します。あまり一般的ではありませんが、食事から葬儀の内容や全体の費用を考え、参列者への感謝を伝える素敵な葬儀を行いましょう。

葬儀と料理の関係

葬式や通夜などで参列者をもてなす重要なポイントになる料理。ですが、式の内容や棺など他の部分にばかり目が行ってしまい、どうしても後回しになってしまう部分でもあります。そこで、葬儀と料理の関わりを改めて解説していきます。

葬儀の中で参列者へ料理が振る舞われるのは、主に通夜と法要後の2つの機会です。それぞれ通夜ぶるまい、精進落しといわれていますが、もてなす料理の内容には特徴や違いがありますのでしっかりと覚えておきましょう。

通夜ぶるまいは通夜に参列した人が召し上がる料理で、一般的に口を付ける程度召し上がります。ですので、お寿司などの大皿料理などが振る舞われます。一方精進落しでは、食事自体が意味を持つ法要の一つであり、会席料理などをいただきます。ですので、こうした特徴を考慮した料理を用意し提供できるように準備しておきましょう。

葬儀を料理から考える

それでは、料理の面からどのような葬儀にするのが良いのか考えていきましょう。

参列者の満足度を上げる

葬儀は亡くなった方を弔う儀式ですが、一方で遠方からわざわざ集まってもらうなど苦労や負担をかけてしまいます。そのため、少しでも式に参列したことの満足度を上げて帰っていただきたいと思うこともあるでしょう。

この場合、料理のグレードを上げることが1つの方法になります。例えば、通夜ぶるまいではお寿司だけでなくオードブルを加えることで、料理の選択肢を増やします。さらに、精進料理の場合はより豪華なメニューとなりますので、美味しい料理をしっかりと味わって頂けます。

また、葬儀場によっては食事処が別途設けられており、別の会場でバイキングなどが楽しめることもあります。場合によっては、料理店などの出張サービスを利用することもできます。このように料理のグレードだけでなく、食事自体を楽しめる特別感を付与することで、参列者の満足度を上げることも選択肢に入れておきましょう。

費用を抑える

豪華なおもてなしをしたくても、葬儀には多額の費用が発生します。すると、なるべく祭壇やお花などに費用を掛けるために、料理の費用を抑えたいと考えることもあります。では、このような場合にはどのように対応したら良いのでしょうか?

料理の費用を抑える場合、グレードをある程度下げましょう。特に、通夜ぶるまいは用意しても食べないで帰られる参列者が増えているという現状もあります。これは、通夜に会社関係や遺族の友人など親族ではない人が多く参列するようになりました。

その結果、親族と一緒に食事をすることに抵抗を感じてしまい、通夜ぶるまいを用意しても意外と残ってしまうことがあるのです。ですので、どれくらいの人が食べるのか分からない通夜ぶるまいは極力簡素なものにして費用を抑えましょう。

また、精進落しの場合は予め食事をする親族が分かっていますので、通夜ぶるまいで浮いた部分を上乗せしておもてなしをすることもできます。料理のグレードは際限なく上げることができますが、料理がメインの式ではありません。そのため、高級なものでなくても参列者の方々は満足してくれますので安心してください。

葬儀社で明確に提示していない

さて、通夜ぶるまいや精進落しは、メニューを私達が決めたら基本的に葬儀社が手配をしてくれます。そもそも、そのメニュー自体も葬儀社が用意してくれているものです。しかし、葬儀社によっては料理について明確に提示していないことがあるのです。

このような場合、葬儀社に調理視閲がない、料理店と直接提携していないなどが考えられるため、別途自分たちで料理を注文することになります。一見冷たい対応に思えますが、葬儀費用を少しでも削減するために、あえて提供していないこともあります。

そのため、予め懇意にしている料理店があったり、手間がかかっても問題なかったりする場合を除いては、しっかりと料理を用意してくれる葬儀社を選びましょう。また、葬儀社によっては、実際に提供する料理を頂ける相談会などを開催していることもあります。一度しかない式場選びで後悔を生まないためにも、機会があればぜひ一度参加してみましょう。