成田市でたくさんの人に選ばれている葬儀場と葬儀社を徹底調査

祭壇・棺桶を選ぶ

祭壇や棺桶には、使用している材質や仕様によって色々なタイプや種類があり、費用もさまざま。成田市では、どのような祭壇や棺桶が選ばれているのでしょうか?ここでは、成田市の葬儀で一般的に選ばれている祭壇・棺桶をご紹介。祭壇や棺桶の種類ごとの費用相場についても解説しています。

成田市で選ばれている祭壇・棺桶の種類とは

成田市の一般的な葬儀で用いられている祭壇を2種類紹介していきます。

祭壇の種類と費用相場

祭壇の費用相場は30~120万円程度。金額に大幅な差がありますが、これは葬儀の規模や故人や親族の意向による違いです。葬儀に見合った祭壇をセッティングするためには、生前から自分たちが望む葬儀スタイルを伝えておくことが大切です。では具体的にどんな祭壇があるのでしょうか?見ていきましょう。

白木祭壇

昔からある伝統的な祭壇で、白木で壇を組んで彫刻などをあしらった仏式葬儀に欠かせない祭壇。最近では、生花を取り入れて祭壇を華やかにする折衷祭壇も人気で、予算に応じてオプションとして行なっているところもあります。

生花祭壇

宗教・宗派を問わない祭壇で、故人の人柄に合わせて自由に装飾できるのが魅力。飾り方や花の種類を工夫することで、費用を抑えることも自在なので葬儀社によってさまざまなプランが展開されています。

棺桶の種類と費用相場

費用相場としては、およそ5~10万円程度。火葬している日本では、棺桶には燃えやすい木製のものがスタンダード。合板や天然木など使用する木材によって価格も異なり、葬儀スタイルや予算に応じて選んでいる人が多いようです。

近年最もスタンダードなものは合板タイプ。合板に布を張り合わせた合板布張り製も人気です。また価格は高額になりますが、昔から軽くて細工なども施しやすいことから天然木である「桐」も棺桶として重宝されている木材のひとつ。

他にも天然木の棺桶には、モミやヒノキなどが使用されますが、桐よりも高額になり装飾などを入れると200万以上になることもあるようです。

>>祭壇・棺桶を選んだら。信頼できる葬儀場・葬儀社選びのポイントを伝授