成田市でたくさんの人に選ばれている葬儀場と葬儀社を徹底調査

葬儀における喪主の務めと心得とは?

ご家族との別れによる精神的・肉体的負担は計り知れないものがあります。しかし悲しみや喪失感の中でも、故人に代わって最後と儀式となる葬儀。心を込めて故人を送り出すことは残された遺族の務めであり、大切な時間でもあります。

こちらではそんな葬儀を執り行う喪主についてご紹介していきます。葬儀の段取りや一連の流れを確認しておくことで、スムーズに個人の旅立ちを助力できるでしょう。

喪主はどんな人がなるべき?

葬儀の主催を執り行う喪主は、故人と最もかかわりのある方や、血縁が近い人がつとめることが多いでしょう。

例えば夫婦のどちらかが死亡して場合、次の順番で喪主が決定します。

  1. 故人の配偶者
  2. 長男
  3. 次男
  4. 長女
  5. 次女
  6. 故人の兄弟姉妹

基本は親族がつとめることが多い喪主ですが、喪主になる人が病身や高齢、幼少といった理由の場合、故人の親や兄弟などが喪主を代理することが可能です。また、複数人が共同で喪主をつとめる場合もあります。

喪主の主な仕事内容とは?

喪主は故人を見送りに来てくれた弔問客やお坊さんのお出迎え・お見送りなど、葬儀全体の取りまとめを行う必要があります。また、葬儀が滞りなく進むように係員や世話役の分担割りなども執り行う必要があるのです。その他の主な喪主の役割について見てみましょう。

親戚の着席位置を決める

血縁との間柄に気を配りながら着席位置を決定。スムーズに葬儀が進行できるように、焼香の順番も考えたうえで取り決める必要があります。

供花の置き位置を決める

送られてきた供花の配列を決めます。1対で送るものという習慣がありましたが、現在では1基のみとしている場合も増えています。

祭壇に向かって上段が上座で、かつ右側が上位というように、供花の配列にも上座・下座の関係があります。祭壇に近い位置には親族からの供花を配置し、残ったスペースの右側上段から左に向かって並べていくのが一般的な配列です。

弔問・会葬者の対応を行なう

弔問・会葬の受付が始まる頃には所定に位置について、訪れた人から弔問を受けることも喪主の務めです。雑用はあまりせず、故人のそばに付き添うようにしてください。

会葬者への挨拶を行なう

葬儀ではいくつかの場面で挨拶をしなければならない場面があります。中でも通夜終了時と告別式終了時には喪主による挨拶を行なうのが一般的です。

喪主の服装とは

喪主や遺族は、通夜が始まるまでは普段の服装で大丈夫ですが、通夜が始まると喪服を着ることが多くなります。喪服を持ち合わせていない場合、葬儀会社や貸衣装でレンタルすることも可能です。

男性の場合は羽織と着物、またはモーニングコートが清掃として挙げられますが、現在では「ブラックスーツ」が一般的になりつつあります。このときシングル・ダブルの決まりはありません。

女性の場合は、化粧・ヘアメイクともに控えめにした方が好ましいでしょう。結婚指輪以外のアクセサリーは身に着けないのが基本ですが、パールのネックレス・イヤリングのどちらか片方は身に着けても良いとされています。

故人の遺影に関して

通夜・葬儀に際して祭壇に飾られる遺影は、生前の故人をあらわすものなので特に気を付けなければなりません。

以前は白黒の写真が使われることが多かったのですが、現在はカラー写真が用いられることが多くなり、周囲や背景に気になるものがあれば画像編集などでカットできるようになりました。

写真やフィルムがあれば葬儀会社が手配を依頼してくれますが、手持ちのアルバムから写真を探す場合には、故人の人となりが思い浮かぶような写真を選ぶのがよいでしょう。

通夜と告別式での喪主の役割

僧侶への対応

基本的には通夜、告別式は葬儀会社が進行をしてくれるので、遺族側は時間の配分などは気にする必要はありません。事前にどのような流れで葬儀を行うのか、どのようなことをしなければならないかを把握しておくだけで良いでしょう。しかしながら、僧侶への対応は葬儀会社が行うのではなく、遺族側が行う必要があります。

遺族の中でも喪主が代表者となるので、僧侶をお招きする場合は会場内の葬儀場への案内は喪主が行います。大まかな流れは僧侶も把握しているはずなので、詳細を説明する必要はありません。また、僧侶をお招きする場合は葬儀会社へ支払う費用とは別にお布施という形で費用がかかります。こちらも喪主から僧侶へ渡します。

参列者への挨拶

会葬者への挨拶が喪主の役割の1つですが、通夜と告別式の2回行うのが一般的です。具体的には通夜法要の後、告別式法要の後、または通夜ぶるまいや精進落としのタイミングで行います。故人を偲んで参列してくれている方とはいえ、会社の上司にあたる人や遠方から足を運んでくれた古い友人などもいるため、参列してくれたことへの感謝を適切に述べる必要があります。

自分では自覚していなくても故人が亡くなって動揺している可能性もあり、また実際に挨拶をしていると故人のことを思い出して感情が思いがけない形で出てしまうこともあるため、挨拶は書面で事前に用意するのが一般的です。葬儀では手紙を見ながら挨拶をしても構いません。葬儀が始まってしまうと時間がないため、事前にしっかりと用意するのが良いでしょう。

供花や弔電の確認と葬儀社への指示

葬儀の当日や前日に送られてくる供花をどのように配置するのかを決めるのも喪主の役割であることは上でも述べた通りです。供花を送ってくれた方の名前を添え、故人と親しかった順番で並べる必要があるため、葬儀会社だけでは対応できません。実際の作業は葬儀会社に行ってもらい、配置のみ決めるようにしてください。

また、弔電についても順番を決める必要があります。葬儀会社に読み上げを行ってもらうため、事前に順番を伝えるようにしましょう。どのような順番にするべきかについては葬儀会社に相談すれば、一般的な流れを教えてもうことができます。

喪主を務めるうえで注意したいこと

弔辞の依頼や、挨拶の準備、火葬許可証の必要書類の準備など喪主が行うべきことは数多くあります。それを全て1人で行うのが難しい場合、家族・親族と役割を分担しながら進めるのが良いでしょう。それ以外にも、服装やアクセサリー、メイクやヘアスタイルなどが派手になりすぎないように注意してください。