成田市でたくさんの人に選ばれている葬儀場と葬儀社を徹底調査

成田儀式殿

成田儀式殿は、博全社が運営している20施設あるセレモニーホールのひとつ。成田駅から徒歩5分のところにあり、富里インターからも10分の距離という好立地で、駐車場も82台分のスペースがあります。ここでは、そんな成田儀式殿の特徴や利用した遺族の口コミ評判、葬儀場の基本情報をまとめて紹介しています。

成田儀式殿の口コミ評判

  • 式場に到着するとすぐにお茶を出してくれたり、空調の風で寒そうにしていたら膝かけを持ってきてくれたりと、スタッフの方々の対応が素晴らしかったです。こちらから何か言わなくても、その時々で対応してくださる心配りに感動しました。
  • 駐車場がとても混雑していたのですが、係の方がすぐに対応してくれて、駐車しやすい場所に手際よく誘導してくれました。電車で来た人のために時刻表が控室に用意してあったり、至れり尽くせりのサービスでここにして良かったと思っています。
  • それぞれの業務に携わっているスタッフの方々の対応や接客にとても感心しました。高齢者の方にも聞きとりやすいように丁寧に案内をしてくださり、とても有難かったです。

成田儀式殿の3つの特徴

スタイルによって選べる3つの葬儀ホール

成田儀式殿には80名収容のホールが2つ、50名収容のホールが1つあり、葬儀スタイルによって3つのホールの中から選択可能。僧侶控室や貴賓室もあり、会食室も3部屋用意されているので、通夜振舞いなども行えます。

成田市役所も至近の好立地

JR成田駅東口から徒歩5分、京成成田駅東口から徒歩3分という利便性に加えて、各種手続きに欠かせない成田市役所も近くにあります。あらかじめ電話で予約をしておけば、式場見学や事前相談のサービスも行っており、定期的に終活セミナーや葬儀に関するセミナーも開催されています。

ホテル並みの親族控室

成田儀式殿には和室・洋室合わせて3部屋の親族控室があり、その内2部屋にはマッサージチェアも完備。バス・トイレはもちろん、バスタオルやシャンプー、歯ブラシなどもあるので安心です。冷蔵庫や電子レンジ、ズボンプレッサーなど宿泊も可能な設備が整っています。

家族葬

家族葬とは、故人の近親者に参加を限定したお葬式のこと。小規模・少人数で執り行うため、参列者へのおもてなしや気遣いを心配することなく、故人とのお別れの時間がゆっくりとれます。
家族葬という名前の通り、家族だけで行う葬儀だと思われるかもしれません。しかし、実は参列者に大きな決まりはなく、家族が希望すれば近しい友人や親族を呼ぶことができます。遠い親戚や職場の関係者、ご近所さんを呼ぶ必要はありません。つまり、家族葬とは家族だけの葬儀ではなく、家族が参列者を決められる葬儀なのです。
一般葬と比べて、家族葬は費用負担が少ないのが特徴。訃報や葬儀場の準備にかかる費用を削減できます。また故人によっては簡素な式や、家族だけの式を望む方も。こうした故人の意向に沿った葬儀をする場合にも、家族葬が適しています。
しかし家族葬は一般的な葬儀と異なり、広く知られている葬儀ではないのが現状です。家族葬を一般葬と思い、職場関係の方や近隣にお住まいの方などが直接式場に足を運ぶケースがあります。
式を行う前に、身内だけでなく故人の関係者に対して、必ず家族葬であることを伝えましょう。その上、参列をお断りする旨をあらかじめ言い添えておくと、のちのちのトラブルを防げます。あまり知名度が高くない葬儀だからこそ、事前の準備が大切です。

一般葬

一般葬とは、故人と仲の良い友人や職場関係者、ご近所の方など、故人にかかわった人を限定なくお呼びする葬儀のこと。家族葬に比べ、参列者の人数が多くなるのが特徴です。
参列者の中には家族との面識を持たない方が式に足を運ぶことが考えられます。そのため、葬儀に足を運んだことへの礼節や感謝を示すことが大切です。
一般葬では参列者を制限しないため、葬儀当日には、故人の関係者にしっかり返礼ができるというメリットがあります。参列者を制限する家族葬の場合、参列できなかった方が翌日遺族の家に訪れる…ということが少なくありません。そのため、別途で対応をしなければならず、葬儀の後日が面倒になってしまいます。1日ですべての参列者に対応できる一般葬であれば、その都度対応する心配がありません。
また、一般葬では参列者の話によって家族が知らない故人の一面を知ることができます。
生前では見えなかった故人の人柄や、家庭以外の思い出などを参列者に共有してもらうことによって、より深く故人を偲ぶ場を作れるでしょう。

自由葬

自由葬とは、伝統的な葬法を用いず自由な形式で故人とお別れする葬儀の事です。僧侶といった宗教関係者を呼ぶ必要がないため、無宗教葬儀とも呼ばれます。読経や戒名がない代わりに、故人に向けた献花や音楽による献奏、故人の写真・動画などのスライドショーなどがあり、その形式は様々です。
自由葬には四十九日や1周忌などといった葬儀後の行事がないため、費用負担が大幅に抑えられるのが特徴。家族葬の場合は30万円から式を行えるため、限られた予算でやりくりする場合には、利用しやすい葬儀といえます。
自由葬は無宗教で行えるため、宗教に縛られない式を行いたい場合にも適した式でしょう。
式の流れや斎場の雰囲気・飾りつけなどは故人や家族の意見を反映できるので、故人の人生や思い出を知ってもらえます。一方、葬儀には前例や決まったやり方がないため、十分な準備をしなければいけません。そのため、葬儀の関係者との綿密な打ち合わせが必要です。

成田儀式殿の基本情報

大正4年に創業し100年以上の歴史を誇る老舗企業。葬儀事業を専門に行っており、千葉県内に20ものセレモニーホールを所有しています。

社名 株式会社博全社
所在地 千葉県成田市花崎町802-1
アクセス 京成成田駅東口より徒歩3分
JR成田駅東口より徒歩5分
駐車場台数 82台
年間施行件数 82件

周辺の宿泊施設

アパホテル<京成成田駅前>
千葉県成田市花崎町906番

全国にあるホテルなので、安心で安全に宿泊ができます。駅前なので夜でも静かになりすぎることがなく、急に必要なものでも買い物ができるので、急いで葬儀に参列するために駆けつけた方にとっても宿泊しやすいホテルです。

客室は458室となっているので、その日の状況にもよりますが急な予約でも対応してもらえる可能性が高いです。駐車場は10台のみとなっているので、車で宿泊をする人が多い場合は停められないこともありますが、駅周辺なので近くにパーキングがあるため安心です。

料金の目安は、シングルルーム5,093円から、セミダブルルーム6,400円から、ツインルーム8,400円から、デラックスツインルーム12,500円からとなっています。