成田市でたくさんの人に選ばれている葬儀場と葬儀社を徹底調査

正覚山智耕院

正覚山智耕院は、平成16年に建てられた近代的なデザインが特徴的な葬儀専門の寺院。宗派も関係なく葬儀が行なえて、火葬場までも近い場所にあるため、成田市を代表する斎場のひとつとなっています。ここでは、そんな正覚山智耕院の特徴や利用した遺族の口コミ評判、葬儀場の基本情報をまとめて紹介しています。

正覚山智耕院の口コミ評判

  • 智耕院ホールは、葬儀専門の寺院でインターからも近いのでとても便利でした。宗派に関係なく利用できるし、大手の斎場とは違って貸切で葬儀が行えたので、ゆっくりとお別れをすることができました。200名まで対応可能で宿泊もできるのでおすすめです。
  • 大中小の会場があるので、葬儀の規模によって使い分けられると思います。スタッフは若い方が多いような感じがしましたが、親切な対応で全体的に清掃がよく行き届いており、とても綺麗に管理されていました。
  • 斎場の施設内に納骨堂があり、緑豊かで静かな場所にあります。成田駅やインターからも近く、とても綺麗なホールで宿泊もできて便利だと思います。

正覚山智耕院の3つの特徴

寺院斎場だから式場使用料が安価

智耕院が運営している寺院斎場なので、一般的な葬儀社の民間斎場と比較すると、式場使用料がとても安く設定されています。斎場内には15名までの小ホール、20~80名までの中ホール、100~300名までの大ホールの3つがあり、参列者の人数によって選ぶことができます。

火葬場まで車で2分

最寄りの火葬場である八富成田斎場まで、車でわずか2分ほどの距離にあるため移動も簡単。民間斎場は火葬場が併設されていないのがデメリットでしたが、正覚山智耕院であれば移動も短時間で済みます。

一流の設備が整った斎場

常設祭壇や霊安室など、寺院斎場ならではのこだわりが満載。音響や照明など他の民間斎場とは違った演出が魅力となっています。親族控室にはバスルームもあるため、宿泊可能。10畳の部屋が2つと14畳と15畳の部屋が1つずつあるので、遠方から弔問に訪れる方も利用することができます。

家族葬

正覚山智耕院には最大15名収容できる小ホールがあるので、少ない人数による家族葬を考えている方にも利用できます。
家族葬とは、故人の家族や近い親族が主だって参列する葬儀です。外部からの参列者に気を遣うことなくお別れの準備を整えられます。
家族葬の参列者は、家族が希望すれば近しい友人や親族を呼べるのが特徴。故人と仲がいい友人や、親せきがいる場合には、案内しても問題ありません。
家族葬は一般葬に比べ、費用負担が少ないのが特徴。
一般葬の総額費用は全国平均で約90万円です。これに対し、家族葬は約58万円と、30万円ほど費用を抑えられます。少ない予算で式を執り行いたい場合には、家族葬が適しているでしょう。
ただし、家族葬は一般葬よりも知名度が低く、その形式を知らない方が多くいらっしゃいます。
そのため、故人の逝去を噂にした方が、家族葬を一般葬と思い込んで直接斎場に足を運ぶケースが少なくありません。
葬儀の前には、職場やご近所さんなど故人と関わりのある方々に対し、家族葬であることを事前に知らせましょう。その上で、参列を制限している旨を丁重に伝えておくと、葬儀後のトラブル防止につながります。あまり知られていない葬儀の形式だからこそ、周囲にしっかりと周知することが大事です。

一般葬

葬儀の規模に合わせ、規模別に3つのホールを用意する正覚山智耕院。そのうちの1つである中ホールは、最大80名収容可能なホールとなっています。比較的広いホールなので、参加人数の多い一般葬の場合だと利用しやすいでしょう。
一般葬とは、故人の友人や職場の方、ご近所の方など、故人にかかわった人を限定せずお呼びする葬儀のことです。
さまざまな方が故人を追悼するため、家族との面識を全く持たない方が斎場を訪れる可能性があります。葬儀を行う遺族は、そのような方々に対する礼節や感謝を示すことが大切です。返礼の品や、手紙などの準備が必要になるので、覚えておきましょう。
参列者を限定した家族葬だと、当日に参列できなかった方が、後日遺族の家に弔問目的で訪れるというケースがあります。そのときは、葬儀当日と別途で対応をしなければなりません。一般葬なら葬儀当日に足を運ぶ参列者の対応だけで済むので、後日の対応に時間を割く必要がなく、結果的に楽だといえます。
また一般葬では、家族の知らない故人の一面を知れる機会ができるというメリットも。
斎場には職場の方や趣味仲間など、家庭以外の故人を知る方が訪れるでしょう。思い出や、故人にまつわるエピソードなどを聞かせてもらえることで、故人の人柄や人生を深く知れます。
仕事や趣味などの人脈が広い故人の場合には、一般葬を選択するのがよいでしょう。

社葬

正覚山智耕院では最大300人収容できる大ホールがあるので、一般葬よりも大規模な社葬を検討している方にも利用しやすくなっています。
社葬とは、企業が運営する葬儀のことです。喪主は遺族が行いますが、資金面では企業が取り持ってくれるので、遺族の負担は少ないと考えてよいでしょう。
とはいえ、社葬の目的は、企業内での業績や結果などを称えることにあります。そのため、故人その人を偲ぶよりも、偉人のような扱いで大規模に執り行われることがほとんど。大規模な分、葬儀にかかる費用も大きくなるため、費用管理や参列者・葬儀関係者との連携を取っておくことが必要です。社葬は、あくまでも企業側が率先して行います。仕事以外の故人を大切にしたい場合は、企業の担当者にそのことを伝え、相談しましょう。

正覚山智耕院の基本情報

迎福寺は、千葉県印旛沼畔にある500年以上の歴史を持つ曹洞宗のお寺。祖田耕宗大和尚によって開山されました。

社名 宗教法人迎福寺 成田別院「正覚山智耕院」
所在地 千葉県成田市山之作430-1
アクセス 京成成田駅西口・JR成田駅東口より車で7分
駐車場台数 300台
年間施行件数 80件

周辺の宿泊施設

ビジネスホテルてら台

千葉県成田市東和田630-1

シンプルでお手ごろな料金、そしてペンションのような気軽さ、手作りのサービスがビジネスホテルてら台の特徴です。全室和室になっており、ホッと安らげるホテル。ホテル施設は食堂や喫茶室などがあり、食事の予約も可能です。

またお風呂は17時から24時と利用時間は決まっていますが、グループ単位で貸し切り入替制となっているため、ゆっくりと体を休めることができます。送迎付きプランもあるため、アクセスもしやすいです。また駐車場も4台分用意されているので、車で参列する方でも安心です。

宿泊料金は、1名1室利用で6,000円から、2名利用で1人あたり4,100円からととてもリーズナブルな料金になっています。